2017年11月25日

今後ADHD・自閉症スペクトラムを持つ人のための職業は?

今後世の中はどんどんロボット化が進みます。

特にこのロボットに重要なものはご存知
AI(Artificial Intelligence)ですね。

AIロボット.jpg




このAIが普及すればするほど、働く人が
必要なくなっていくのも事実です。

そうなると、職がなくなってしまう、
今後工場のような決まった作業などの
簡単な仕事もロボットに取って代わられ
我が子が大人になったときにできる
簡単な仕事もなくなってしまうのでは・・
という心配が出てきます。

しかし、これはあくまで私個人の
考えですが、AIが普及するということは
この関係の仕事が増えていくことになる
わけですね。

この仕事というのは、例えばAIで動く
ロボットのメンテナンスであったり、
またはこういったAIのロボットを
作る、もしくはこのロボットのAIの
プログラムを作るなどのことです。

私自身がそうなので思ってしまうという
ことはあるかもしれませんが、自閉症などの
障害を持った人がこの分野に興味を持って
のめり込み、どんどん知識を吸収し、
スキルアップしていくのではと思います。

むしろ健常者では到底及ばない相当な
レベルに達することも十分にありえます。

この世の中からコンピュータ自体はもう
無くなることはないでしょう。

周りを見てください。車、スマホ、エアコン、
テレビ、ポットなどもう何にでもコンピュータは
搭載されています。

色々な機能を持っているものは、この
コンピュータで実現されているわけです。

コンピュータがなければこれはできない
とも言えます。

もしその方分野に進めさせたいと思う
親御さんがいらっしゃるなら、
コンピュータの関係の雑誌とか、
または自分専用のパソコンを与えるとか
本人自身で何かできる、知ることが
できる環境を作ってあげることが
必要ではないかと思います。

親御さんが分からなければ、先生など
誰か詳しい人に聞くなどもできますよね。

私のような自閉症スペクトラムの特性を
持ち合わせた人間は、だいたい自分の中の
世界で色々やることが好きなのではないかと
思います。

極端な話、人には興味がないのです。

健常者は人に興味がある、というか
人にどう思われているのか、友達は
自分をどう思っているのだろうか・・
など気になる、気になってしょうがない
というのが無意識に出てくるから
それが当たり前でそのような世の中
なんですよね。

人に興味がないなら、本人が興味がある
ことでそして将来の生きる力に繋がる
可能性があることって何なのか、
大人が見てあげて、早い段階から
色々と情報を与えてあげる必要が
ありますよね。







posted by ヒデキ at 10:35| Comment(0) | ADHD・自閉症スペクトラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: